Home > 常設展示

お気軽にお問い合わせください
TEL. 088-668-2544
開館時間 9:30 ~ 17:00

常設展

鳥居龍蔵記念博物館の常設展は、大きく3つのコーナーに分かれています。

第1展示室 鳥居龍蔵の見たアジア

第一展示室  東アジア各地や国内で収集した資料や写真などをとおして、鳥居龍蔵の調査成果を紹介しています。

  • 台湾・中国西南部
  • 中国東北部・内モンゴル/遼
  • 朝鮮半島
  • 千島列島・サハリン・シベリア
  • 日本列島

第2展示室 鳥居龍蔵の生涯

第二展示室  家族とともに人類学の調査に携わった鳥居龍蔵の生涯をたどっています。龍蔵の多様な交流も紹介しています。

  • 人類学への志
  • 家族とともに
  • 南アメリカ

第3展示室 鳥居龍蔵から学ぶもの

第三展示室  検索機能を備えたパソコンを設置したり、書籍を配架したりして、鳥居龍蔵の学問的な成果を学ぶとともに、民族衣装の試着や土器パズルなど、子どもでも楽しめる体験学習キットを用意してあります。

トピックコーナー  鳥居龍蔵、北京西方の石窟を探る

チラシ 1939(昭和14)年、中国の華北・内モンゴルで調査を行っていた鳥居龍蔵は、河北省張家口市下花園で埋没した石窟寺が発見されたことを知り、5月20日から25 日にかけて予備調査を行いました。さらに、同年10月3日~11月6日の間、当時勤めていた燕京大学から派遣されて、発掘調査を行いました。その結果、石窟寺は北魏(386-534)の時代に造られたこと、本尊仏や壁面に彫られた菩薩像や文様などの保存状態が極めて良好であることなどが明らかになりました。
 今回の展示では、発掘調査の様子や石窟寺内の写真を初公開するとともに、鳥居の調査成果を紹介します。(→チラシPDF


会 期 2022年4月5日(火)~7月10日(日)
※休館日 月曜日
会 場 常設展示室 第2展示室内
観覧料 通常の常設展観覧料
(一般200円、高校・大学生100円、小・中学生50円)
※各種減免あり ※祝日無料

ページトップに戻る